旬の農作物なう!

大豆:耕うん・うね立て・播種・除草剤散

2017.6.21掲載

大豆「里のほほえみ」は、大粒で高タンパクのため、豆腐の加工等に向いている品種です。また、一般的な大豆は紫色の花を咲かせますが、白い花を咲かせることが「里のほほえみ」の特徴です。今回の「旬の農作物なう!」では、播種から加工までを取材していきます。平成29年5月20日、現地に取材に伺いました。

取材に協力していただく「農事組合法人村木沢あじさい営農組合」さんは、平成25年に法人化し、大豆の他に米や枝豆、里いもなど数多くの品目を栽培しています。山形県の大豆の平均収量は150kg/10a程度ですが、「村木沢あじさい営農組合」さんでは毎年200kg/10a以上の高収量・高品質の大豆を生産しています。大豆栽培担当の遠藤さんは「今年度の目標は300kg/10a」と意気込んでおられました。


@大豆栽培担当の遠藤さん(写真左)と向田さん(写真右)です。作業は2人1組で行います。栽培面積およそ35ha のため、この時期は3チームに分かれて作業をするそうで す。

Aトラクターに、耕うん・うね立て・播種・除草剤散布の装備を付け、一連の作業を同時に行います。一度に3列出来るため、広い面積での作業に優れています。

B播種作業の様子です。大豆は湿害に弱い作物なので、適切な時期の播種と排水対策が重要です。2日以上雨が降った後は播種を行わず、土壌中の酸素の量に注意しているとのことでした。

C大豆の種子は、鳥に食べられないように赤くコーティングされています。一見、不気味な色をしていますが、鳥や病気から大豆を守るために必要なことです。

D5月20日に播種して、17日目の大豆です。揃いも良く、順調に生育しています。

10月下旬の収穫に向けて、次回は6月下旬の中耕培土の様子を取材します。

▲ページトップへ