旬の農作物なう!

姫芋ひめいも(さといも):定植

2019.05.16掲載

「子姫芋」は、寒河江市皿沼地区を中心に江戸時代から栽培されており、地域の生産者が代々守り受け継いできた伝統野菜です。ねっとりとした粘りとなめらかな食感が特徴で、山形の郷土料理“いも煮”に大変適しています。近年では首都圏のレストランでも注目を集める話題の食材です。

5月10日、寒河江市にある今井正道さんの農園に伺いました。今井さんが役員を務める寒河江市子姫芋組合では、生産技術向上や美味しさを多くの方に知ってもらうため、ブランド化に取組んでいます。
今回は定植作業の様子を取材しました。


@ 寒河江市子姫芋組合の役員でもある今井さんです。
これから苗の植付け作業をするということで同行させていただきました。

A 苗づくりです。一般的にはポット栽培しますが、今井さんはビニールハウスの中で直接地面に植えます。
4月上旬に植えた種いもから徐々に芽が出はじめました。これを掘り起こして苗にします。

B いもを植えるベッドがまっすぐ平らに並んでいます。(今井さんのていねいな仕事振りが伺えます。)

C 最初にいもを植える場所に穴をあけていきます。

D 今回植えるのはこの状態の苗です。萌芽とともに、発根も始まっています。植えた後 上からしっかり押さえると活着が早いとのことです。

E 今井さんが植え方を説明しながら実演してくれました。
やや深め(萌芽した芽がかくれるくらい)に植付けます。

F 定植後はマルチの穴がかくれるくらいの覆土を行い、しっかりとおさえます。植えた直後はこのとおり、苗の姿が見えません。

G 1週間後、見に行くと丸まった葉の先端がちょこっと出てきました。

次回はさといもの重要な作業である培土について取材する予定です。

▲ページトップへ

姫芋ひめいも(さといも):培土

2019.08.29掲載

7月下旬、今井さんの圃場で培土の様子を取材させていただきました。


@ 今回は、さといもの生長にとても重要な土寄せ(培土)作業に同行させていただきました。
前回の定植から約3ヶ月後の畑です。
昨年は干ばつで大変でしたが、今年は適度な雨にも恵まれ順調に生育しています。なんと昨年の倍くらい大きくなっているとのこと。

A 梅雨の間はさといもの生長と共に雑草も旺盛に生い茂ります。
この時期の重要な作業は草取りです。
まず、草を取り、土壌養分を取られないように、また土寄せがうまくいくようにします。雑草に負けてしまうと、いもの生育に大きな差が出てきます。

B 機械を使い、土寄せをします。
収穫までの間、2回行います。
1回目はいもに光が当たって青くなるのを防ぐため(7月下旬)、2回目は乾燥防止・保温のため(8月下旬〜9月上旬)と、それぞれ意味があります。

C しっかり土寄せができたら、天気を見ながら乾燥しないように秋まで水を与えていきます。
さといもはお盆の頃に一番育ち、孫いも・曽孫ひこいもが増える大事な時期だそうです。

露地栽培のため、天候に左右されてしまう難しさを感じましたが、「農業は教科書に載っていることだけでは出来ない!」と試行錯誤を繰り返し、毎年、良質な子姫芋を出荷している今井さん。「今年は良い!大丈夫!!」と話していました。収穫が楽しみです。

次回は、いよいよ収穫の様子を取材します。

▲ページトップへ