旬の農作物なう!

尾花沢すいか:定植作業

2019.05.16掲載

北村山地区で栽培される「尾花沢すいか」は全国的なブランドとして知られており、7月、8月の出荷量は日本一です。手間暇を惜しまず、高い技術力と愛情を注がれて育った「尾花沢すいか」は、味も格別です。今回は「尾花沢すいか」の定植から収穫までを追っていきます。

4月23日、すいかの苗を畑に植える“定植作業”をしている沼澤克己さんのすいか畑に伺いました。沼澤さん一家では、3haの「尾花沢すいか」を栽培しています。今回は定植作業について紹介します。


@ 定植前までにビニールトンネルを張り、地面を温めておきます。雪が多い北村山地区では地面を温めて、すいかの苗が順調に育つように準備をすることが大切です。

A すいかの苗を定植する沼澤さん。1株ずつ温度や土の湿り気も確認しながら、丁寧に植えていきます。

B 定植直後のすいかです。今は小さな苗ですが、これからつるが伸び、7月下旬には大きなすいかが実ります。

C 定植から1週間ほど、外の環境に慣れるまで紙製のキャップをかぶせます。根が地面に伸び始め、自力で水や栄養が吸えるようになるまで大切に見守ります。

次回は、交配・摘果の様子をお伝えします。

▲ページトップへ