旬の農作物なう!

たらの芽:仕立て作業

2022.06.29掲載

山形県の「たらの芽」生産量は日本一で市場評価も高く、北村山地域では尾花沢市と村山市が主産地で、1月から4月始めにかけて出荷されています。山菜の王様と呼ばれている「たらの芽」の栽培は、畑に苗を植えて「たらの木」を育て、晩秋に木を切って小屋に保管し、12月頃からハウスで温めて新芽を収穫します。今回は仕立てから収穫までの作業を追って紹介していきます。

5月16日、「仕立て作業」をしている井向隆文さん・美也子さん夫妻の「たらの木」畑にうかがいました。井向さん夫妻は、美也子さんの実家がある尾花沢市に3年前に移住し、夏はすいか、秋はだいこん、冬から春にかけて「たらの芽」を出荷しています。


@ 雪が解け、気温が高くなるにつれて、「たらの木」から新しい芽が吹いてきました(右が仕立て作業中の井向美也子さん)。

A 仕立て作業は、1本の木から複数伸びてきた芽を、1本だけ残して切り取ります。伸びるにつれて硬くなり、木に成長していきます。木をのびのび育て、充実した「たらの芽」を収穫するための重要な作業です。

B 「ひこばえ」と呼ばれる新しい芽もいたるところから伸びてくるので、雑草と一緒に刈り払います(作業中の井向隆文さん)。

C 作業してから1か月後の畑の様子です。1m程度にまで伸び、通路まで葉が広がってきました。

次回は11月頃に、2m以上に伸びた木を切り取り、畑から運び出して小屋に保管する「穂木採取」の作業をお伝えします。間が空きますので、しばらくお待ちください。

▲ページトップへ