旬の農作物なう!

雪若丸:播種

2020.05.18掲載

2018年、山形県オリジナルのお米の新品種「雪若丸」が本格デビューしました。「つや姫」に続くブランド米で、際立つ白さとつやがあり、しっかりとした粒感や粘りが特長です。山形県村山地域においても盛んに栽培されています。

4月下旬、山形市の平吹拓也さんの作業場に伺いました。平吹さんは16年目の若手農家で、親子2代でおいしい米づくりに励んでおり、「雪若丸」の他にも「はえぬき」や「つや姫」を栽培しています。


@ 播種作業は、このようなベルトコンベア式の播種機を用いて行われていました。
写真奥から手前に向かって、育苗箱が流れてきます。

A まず初めに、育苗箱を播種機にセットし、育苗箱の深さ半分程度まで床土を入れます。育苗箱に敷いている白い紙は「育苗シート」と呼ばれるもので、これを使うと根張りの良いマット苗ができます。

B 床土を入れ、平らにならした後、灌水をします。

C 種籾を均一に播き、覆土をします。雪若丸の種籾は他の品種より大きいので、播種量の調整に気をつかいます。

D 播種が終わった育苗箱です。これから育苗ハウスへ運ばれます。

E 育苗の様子です。苗はきれいに出揃いました。今後は、田植えまで丈夫な苗づくりを目標に、こまめな温度管理を行っていきます。

次回は、田植えの様子を取材します。

▲ページトップへ

雪若丸:田植え

2020.05.28掲載

5月18日、田植えの様子を取材しました。平吹さんの「雪若丸」の田植えは3日前から行われており、いよいよ最後の田んぼです。この日は家族3人で作業していました。


@ 田植え前の「雪若丸」の苗です。草丈12cm、葉数3枚程度で揃っており、苗の生育は良好です。

A 苗を田植え機にセットします。

B 育苗箱から苗を取り出すと、白い根がびっしりと張っているのが見えました。

C 出発です。一度に8条ごと植えていきます。

D 1往復で3分もかからず戻ってきました。作業が速いだけでなく、真っ直ぐきれいに植えられています。

E 田植え機が戻ってくるまでの間、育苗箱を洗ったり、苗を運びやすいよう台車を移動させたりとチームワークの良さが見られました。

F 30aの田んぼですが、約40分で田植えが終わりました。

今後の「雪若丸」の生育が楽しみです!

次回は、中干しの様子を取材します。

▲ページトップへ

雪若丸:中干し

2020.07.14掲載

6月29日、平吹さんの田んぼに伺いました。田植えから1か月以上経過し、順調に生育しています。この田んぼでは茎数が十分に確保されたことから、「中干し」に入っています。
今回は、中干しの効果を高める「作溝(さっこう)」作業を取材しました。


@ 「雪若丸」の様子です。「雪若丸」の適正な葉色は、他の品種よりも濃いのが特徴です。

A この機械に乗って溝を切ります。前日の雨でちょうど良い土の硬さになっていました。乾きすぎると土が硬くなり、作業しにくいそうです。

B 14〜20条おきに、田んぼの中を走ります。

C 機械を持って移動する負担を軽くするため、一筆書き状に溝を切れるよう経路を考えるそうです。

D 田んぼの内側が終わると、外周の作溝を行います。時々機械から降り、手で掘ってすでに作った溝とつなぎ合わせます。

E 「作溝」作業が終わりました。

適期に中干しを行い、過剰な分げつを抑制することで、食味の向上につながります。
取材終了後も、平吹さんはまた別の田んぼへ移動して作業するとのことでした。
収穫まで、まだまだ作業は続きます。

次回は、穂肥の様子を取材します。

▲ページトップへ

雪若丸:穂肥

2020.08.20掲載

今回は「穂肥」について紹介します。


@ 7月8日、雨の合間に穂肥を行っていました。「雪若丸」の穂肥時期の目安は、出穂の25日前となっています。

A 肥料の量は生育診断の結果に基づいて決めます。

B 動力散布機を背負って、田んぼの周りを歩きます。この筒を通って肥料が遠くまで飛んでいきます。

C 8月5日の「雪若丸」の様子です。この田んぼでは、出穂期(40〜50%の茎が出穂した時期)を迎えました。

D 出穂を確認する平吹さん。今年は7月に気温が低かったため、出穂期が予想より2日ほど遅かったようです。

雨が多く、日照が少ない7月でしたが、順調に生育していました。
今後は、水管理や病害虫防除を適切に行いながら収穫を目指します。

次回は、刈り取り・乾燥・調製の様子を取材します。

▲ページトップへ